ドクターマーチンを履いて街へ出る。

あやかさんが好きなものについて語るだけ。

チェ・スンチョルについてのあれやこれ。

チェ・スンチョルとは

韓国の13人組男性アイドルseventeenの統括リーダー兼ヒップホップチームリーダー。

ステージネームはS.coups(エスクプス)。

1995年8月8日生まれの最年長ライン。

とっても簡潔に彼のことを説明するとざっとこんな感じだと思います。

f:id:iris4blume:20191119185125j:image

書こうと思えば今のわたしならめちゃくちゃにたくさんのことをかけると思うのですが、それが本質ではないので、ここでは書きません。もっとわかりやすく書く人がいると思う。

 

 

言うまでもないかもしれませんが、わたしの最推しはパフォーマンスチームのディエイトくんなので、なかなかTwitterとかでスンチョルくんの名前を叫ぶ機会はありません。っていうか、わたし以上に推してる人がいるからな……。

 

せっかくなのでディエイトくんの画像も貼っておこう。

f:id:iris4blume:20191119190805j:image

 

さておき。じゃあなんで自分の最推しを差し置いて(記事にしたこともないのに)スンチョルくんの話をしようとしているかというと、昨日、彼の活動休止が発表されたからです。

 

 

 

活休

 

 

になりましたね。それが悪いことだとはおもいませんが、彼はきっと自分を、責めるんじゃないかなーーーーと思ってしんどくなりました。それを見た弟たちがまたしんどくなって、それを隠すの無限ループになりそうな気がしています。

そんな感じであんまりにみんながしんどいので、自分の中で一度消化しておきたくて、文字にしたいと思いました。

誰のためでもなく自分のためです。これはわたしが自分のために書く記事です。

 

 

誰よりも甘えたがりのリーダー

スンチョルのことを考えて、まず思ったのは、この人は「リーダーになるべくしてなった」のではなく「リーダーになったからこうなった」のだろうと言うことです。

回数は少なくとも、舞台の上でカラットに向かって話をする姿を見て、この人は元来こんな性格なのだろうかと思います。最年長、リーダーであろうとして、鎧を着込みすぎている気がしてなりません。13人でわちゃついている時のあの姿の方がよっぽど自然に見える。どちらもスンチョルだとは思う。思うけど、無理はしてない……?と時折思ってしまう。

メンバーにくっついて、大きな目を細めて、誰よりも顔をくしゃくしゃにして笑うその姿を見ているが故に、無理してるのでは、と勘ぐってしまう。

低い声で静かに話をするその姿は、誰よりも怖さを隠しているのではないだろうか。問いかけに対する返事を恐々待っているように見えたのはわたしだけか。

 

だからといって直接力にはなれない

そう、一ファンでしかない私たちは、彼らがしんどくても辛くても、体調が悪くても、何かをしてあげることはできない。休みを作ってあげることも、スケジュールに余裕を作ることも、できないのである。それは今回のワールドツアーで強く認識した。

幕張初日、体調不良でお休みしたディノと、ディノの欠席分も頑張ろうと体調不良でも最後まで舞台に立ったウォヌ。

具合が悪いなら休んでほしいと言う気持ちの反面、全員が揃ってステージに立つ姿が見たいのも嘘偽りない本心だ。ひどい話だと思う。そしてそれをメンバーたちもよくよくわかっている。幕張初日はそれを痛感させられた。

舞台もステージも、一日一日、同じ公演はない。メンバーのコンディション、お客さんのテンション。連日来れる人もいるが、一日しかチケットが取れなかった人もいるだろう。トロッコに乗って、「一番後ろの人たちまで挨拶がしたい」と彼らは言った。後ろでも変わらない熱量で応援してくれるファンがいると知っている。

 

 

だからこそ言わせてくれ。

「ゆっくりしてきて、お願いだから。」

ステージの回数が減ってもいいから休んでほしい。睡眠時間をとってくれ。成人でも10時になったら退勤してくれていい。誕生日がライブとかぶっているなら、ブイライブは翌日でもいい。なんならお休みしてくれてもいい。自撮りだって気が向いた時でいい。Twitterや微博のために割いている時間があるなら寝てくれ。少しでも自分の身体を休めてくれ。誰かのために自分を大切にしてくれ。それは、自己管理とか、体調管理とか、そんなレベルだけじゃなくて、時折自分のことを甘やかしてほしい。

ここに列記したことは、もうスンチョルのことだけじゃないけど、誰よりもチェ・スンチョルが休んでくれ。活動を休止したところで、君がちゃんと休んでくれないと、弟たちもきっと気を揉むだろう。あぁ、でも、休むことは弟たちのためじゃなくて、誰かのためじゃなくて、君が自分のために休むんだよ。

休むことは悪いことじゃないし、自分のために時間を使うことは至極健全なことだ。

休むことを悪いことだと、迷惑をかけていると、心配をかけるのは悪だと、あなたはそう思うかもしれない。でも、誰もそんなこと思ってないよ。元気な君の姿が見たいんだよ。それも今すぐじゃなくていいんだ、君がちゃんと心から安心してステージに、立てるその日を待ってるんだよ。

そのために時間がかかることを迷惑だと思わないでほしい。それはきっとあなたにとって大切な時間だ。

休んでくれ、よりも、ゆっくりしてきてね、がきっと相応しい。あなたのファンはあなたの回復を心から望んで、そのために時間がかかることもわかっているはずだ。だから。安心して、自分のためにゆっくりしてきてほしい。

 

 

 

わたしはまだ何も知らない。

わたしがちゃんとセブンティーンを知ってから、ちゃんとメンバーの名前を覚えてから、一年も経ってない。

結成までの練習期間長かったこと、練習生の時に別の道に進んだ仲間がいること、デビューしてからもしばらくは大変だったこと、一位を取った時の君たちの感動、日本デビューした瞬間、初めて日本でライブしたこと、知らないことばかりで、わたしがこんなことを語るのはおこがましいのかもしれないけど。

 

スンチョルが活動休止して、次に気を張るのはホシウジコンビだろうか。ジスハンは内面に反して弟たちのために平気な顔をするんだろう。

中国での活動を持っているチャイナは自己管理により一層力を入れるだろう。体調不良を唱えたディノとウォヌは、今度は自分たちが、と盛り上げ役を率先するかもしれない。

頑張らなくていいんだと、お願いだから彼らに伝えてくれないか。いない人の穴を埋めようと頑張らなくていいんだ。君たちまで体調を崩したら、もともこもないんだよ、頼むよ。頑張らないでほしい。無理をしないでほしい。「最高のパフォーマンスを」と口癖のようにあなたたちは言うけれど、あなたたちの無理の上に成り立つ最高を、少なくともわたしは求めてないんだよ。

 

 

一ファンの言葉なんて彼らに届かないと思う。世界中に彼らを案じている人が沢山いる。

 

それでも、わたしは、自分のために、

彼らに

 

「ゆっくり休んでもいいんだよ」

 

と伝えたいなぁ。

伝わるといいなぁ。

あなたたちの音楽で、存在で救われる人もいるんだと、ほんの少しでも。

 

 

 

 

昨日すんちのこと考えながらメソメソしてしまったんだけど、結局これ書きながら泣いてるので、わたしの涙腺はめちゃくちゃ弱くなったと思います。

 

 

明日は休みだから、to be continuedでも見て寝ることにします。

 

それでもやっぱりつらいので推しの顔を貼っておくことにします()

f:id:iris4blume:20191119201729j:image

 

ディエイトくんをどうぞよろしくお願いします……。