ドクターマーチンを履いて街へ出る。

あやかさんが好きなものについて語るだけ。

ほっておいてはくれないものか。

こんばんは🌃

 

成績がやばい

やばいです。職階上がった瞬間これてどういうこと。何もしてないわけじゃないんだけどなぁ。何もしてないんかなぁ。私にしかないものってなんだろうなぁ。自己研鑽もなかなか難しいし、家に仕事の愚痴を持ち込まないで、仕事に家の愚痴を持ち込まないでって、無茶があるんだよなぁ。

 

ご紹介いただいてた提案先にお断りいただきまして。理由が、「あなたの方が後だったから」ですって。なんか、まぁ、そうですか、という感じ。選んでもらえるようになるにはどうしたらいいんだろうなぁ。人格否定ではないにしろ、選んでもらえるほどの魅力がなかったということか。うーん。困っちゃったなぁ。

 

困りましたわお嬢様。

 

せめて何か勉強というか糧にしないと

しんどさがスゴイんですけど、しんどいというか、虚無。虚無なんだよなぁ〜! きょむきょむぷりん。

とりあえず先輩がどんなこと喋ってたか思い出そうとして、ため息しか出てこない。

勉強にするったってさぁ。いやもうこういう感じなのが悪いんかなぁ。ちゃんと考えて提案したんだけどなぁ。伝わらなかったということなんだろうなぁ。別になんか、それで代わりに他のに入ってもらうっていうのは違う気もするし、なんか、なんかなぁ。

自分が納得して、良くなる提案ができる時はいいんだけど、そうじゃない時はさぁ、なんかどうしたらいいのかわからんというか。というか。というか、そういう時ってあんまり断られないというか、断られても納得できる感じというか。やっぱりちゃんと「あなたのため」と思ってないのがわかってるのかなぁ。基本人のため、と思ってるつもりだけど、つまりなんかなぁ。

 

 

書いてもキリがないし、余計鬱になりそう。

というか今鬱なのか? もう良くわからないな。