ドクターマーチンを履いて街へ出る。

あやかさんが好きなものについて語るだけ。

好きなものとやりたくないことと自分のこと

自分が今何が好きなのかについて

自分が今、何が好きで、何が嫌いで、なにがなあなあになっているのかを考えたいなーと、ぼんやりと思っているものの、一向に進まないので、棚卸しを兼ねて、文字に起こしてみたい所存。

 

 

殿堂入りしたものたち

Plastic  Tree

これはもう殿堂入りでいいでしょう。生涯嫌いになることはないと思うし。

否、他のものについても、一度好きになったものを嫌いになるってとはなかなかにない人種なのだけれども、熱が覚めた、あの頃の熱量はもう持てない、みたいなものはたくさんある、はず。

正直にいうとプラトゥリ君だって、今熱量はそんなにない。けれど、今これがなくなったら、これから生きていくのがつらくなるのは間違いない。まちがいないので、もはや殿堂入り。生きて、音楽をやってくれている4人がいればそれで良い。ちなみに、各々の個人活動がどうでもいいというわけではないのだけれども、私が好きなのはPlastic  Treeなので、それはそれ。これはこれと言った感じである。応援はするが、プラの活動ありきなのでちょっと違う。各々のことが嫌いなわけではない。Plastic  Treeの方が好きなだけである。要は比較の問題なので、良し悪しでもなんでもなく、私の好みの問題。

 

北欧(ノルウェー

大好き。こんなはずじゃなかったのになー。高校の時のAPHの運命的な出会いから、普通にデザインとか、国民性とか、国自体というか、北欧がすごく好きになったので、殿堂入りでいいと思う。ふとした時に思い出してはニコニコする。いつかいく。絶対行く。

IKEAみたいな部屋に住みたい。物が少なく見える部屋に憧れるけど、物が大好きなので、おそらくそんな日はこないだろう。

キャラクターも無論大好きです。たくさん活躍してください。

 

 

デイジーダック

が本当に大好き。あんなお姉さんになりたい。私の好きなものって、だいたいが羨望の対象なんだよな。好きなもの、憧れ、なりたいもの。近づきたい。

可愛くてセクシーって最強じゃない? 早く会えるようになりたい。会えるたびに泣いてしまうのは許してほしい。

総括してディズニーも好きなんだけど、殿堂入りっていうう言い方をするなら、デイジーダックって言わせてほしい。

パークで一番好きなアトラクは魅惑のチキルーム。マヌが大好き。かわいい。本当に。幸せになってほしい…

 

ハロウィーン

色使いとか、雰囲気が好き。怖いのは嫌いだけど、ハロウィーンは大好き。ディズニーの影響もあるけど、オレンジ紫黒で色が並んでいるとテンションが上がる。一年中ハロウィーンしていたい。

 

 

SEVENTEEN

も殿堂入りでいいでしょう。ハマってからそんな経ってないって? うるせえ!!!!知るか!!!! 大好きなんだよ!!!!!

最初はKーPOPなんて、私が足を踏み入れていいのかどうかとか思ってたけど、今やこれだよ。他にも推せるグループはいるけれど、一番を聞かれたらSVTを真っ先にあげる。最推しはthe8くん。大好き。徐明浩をこれからも末長く応援する。私の人生を大きく変えたものの一つになるんだろうな。アイドルにハマって、YouTubeをこんなに見るなんて、英語以外の言語を勉強しようなんておもわなかった。本当に大好き。これからも応援していく。体調には気をつけて。

 

 

仲田博喜

舞台の推し。この人も私の人生を変えた人。正確にいうと、初代ツキステ。が私の人生を変えた。こんなに舞台にはまるなんておもわなかったし、こんなに応援するようになるなんておもわなかった。3次元最初の推しです。ブロマイドとか、ね、初めて買ったからね。最近、有名になりすぎて、少し怖いですが、応援してます。これからも。体調には気をつけてください。

 

こんなもんかな。

これが今なくなったら生きていけないくらい好きなものたち。

毎日考えているわけではないけれど、これらがあるから私は元気に生きていけてるなーって思う。

正直、私よりこれらを好きな人は多草煮ると思うし、それを比較で語ろうともおもわないんだけど、方法や加減が違くても私が大好きなものたちだということはまとめておきたい。

 

好きなもの

他に好きなものをまとめる。

語るとながくなるのと、自分のために番号をふる。

思いついた順なので、番号は優劣の差ではない。

  1. され竜
  2. ナッティ
  3. ムーミン
  4. 読書
  5. 西尾維新
  6. 革製品
  7. 文章を書くこと
  8. 甘いもの
  9. コーヒー
  10. 紅茶
  11. ハーブティー
  12. ゲーム
  13. 神楽さん(スタマイ)
  14. 槙くん(スタマイ)
  15. ONF
  16.  ACE
  17. ATTEZ
  18.  GWSN
  19. 浜渦正志
  20. マリリンマンソン
  21. レディガガ
  22. 斉藤壮馬
  23. 山下誠一郎
  24. 花江夏樹
  25. ものを作ること
  26. シンプルなもの
  27. ダニエル君
  28. 真鍮の指輪
  29. アクセサリー
  30. 弥生春
  31. たたみ
  32. 万年筆
  33. メガネ
  34. 固めのプリン
  35. 冷麺
  36. 人と喋ったりあったりすること
  37. 某友人
  38. 寝ること
  39.  

 

 

 

 

嫌いなものとやりたくないこと

ここも思いついた順。

 

  1. 怒られること
  2. ものを捨てること
  3. 話を聞いてもらえないこと
  4. 自分でスケジュールをコントロールできないこと
  5. かたついてない自分の机
  6. やろうと思うのに続けられないこと
  7.  

 

 

 

苦手なこと

  1. 片付け
  2. 毎日同じことすること
  3. 面倒くさいこと
  4. 一人でご飯を食べること
  5. 自分の好きなことや決めたことにダメだしされること
  6. 上からものを言われること
  7. 「なんでわからないの」と言われること
  8. 家事全般
  9. あれやれこれやれ指図されること
  10. 怒られている時に自分の思っていることを言えないこと
  11. 時間配分
  12. やらなきゃいけないことにすぐ手がつけられないこと
  13. お母さん
  14. よかれと思ってやったことを頭ごなしに否定されること
  15. 早起き→というよりも早く寝られない環境な

 

 

 

私が本当に好きなものってなんだ?

ここまで書き出して、きらいなものよりも 苦手なもののほうが描きやすいということに気がつく。嫌いという表現は強すぎる。嫌いだ、と明確に思い続けるのは、私にとってはストレスだ。嫌いだと明確におもうよりも、興味がないので見聞きしないというほうが性に合っている。友人曰く、それは嫌いよりも残酷だということなんだけれども、自分の身をそうして守っているのだろうともおもう。そうじゃないとかくもこの世は生きづらい。助けてほしいといつも思っている。自分で足掻きもしないくせにね。ひどい話だ。

 

書き出して、私は本当にこれらの物が好きなのだろうかと考える。

案外全部なくても生きていけそうな気がした。全部はいらないんだろう。捨てて後悔するもののもちろんあるような気はするんだけど、なんか、私ってどんな人間だっただろうと考えた時にこれらが絶対に必要なんだろうかとも思い始めた。

 

音楽はすきなので、手放せないけれども、聞いている音楽もこれ以上増やさなくてもいいような気がする。新しいものを否定したいんじゃないけど、正直もう満たされているでしょう、と考える。これから、新しい物が、を追いかけて走るのが悪いわけじゃないけど、そうしなくても、私はすでにすきなものをたくさん持っているのではないかと思う。こうやって書き出して、自分がなにできているのかを考えると、なにも持っていないんだな、とおもう。なにも持ってない。だから、なくすものも今更ないのだろうな。何かになりたいと思っていた時期もある。たぶん今もそう思っている。けど、そうじゃなくても満たされている。贅沢なんだろう。本当にしたいことなんだと問いかける。見栄を張るのをやめた時、自分に残るものはなんなのだろう。

本当に必要なものはなんだろう。

 

思っていることを、深く考えずに書き出しているだけなのだけど、私という人間がいかに曖昧に生きているのかということに直面してちょっと辛い反面、それでも生きているんだしいいんじゃないかおもう。死んでないしね。

そもそも見栄を張る必要なんかないのに、友人たちがあまりにすごいから、今までも、そしてこれからも萎縮して、自分にはなにもないと思って生きている。

そうじゃない。そうじゃないだろう。なにもなくてもいいし、比較しなくてもいいのに、それを自分でやってどんどん首を絞めている。すきなものはすきなままでいいし、それを否定されるべきではない。自分もすべきではない。相手は覚えていないかもしれないけれど、一度だけはっきりと覚えている、相手のすきなものを否定してしまった時がある。後悔しているので、次は二度とがないようにと心に誓っている。忘れることもあるけど、そうしないように心がけている。

お金があることが幸せではないし、物が買えることが幸せでもないのに、たくさんもっているほうがいいと思ってしまうのは劣等感なんだろうか。私は私のままではダメなんだろうか。よくなるための努力はしていくけれど、でも、それも含めて自分のことがすきじゃダメなんだろうか。

ダメ出しばかりされていて、自尊心なんて地を這っているし、それを仕方ないとも思っている。そうじゃないのに。そうじゃないんだ。これでいいわけないんだ。わたしがわたしのことをすきになってもいいはずだ。そう思いたい。思わせてほしい。

疲れている。言いたいことはたくさんある。両親のこともたぶん苦手だ。顔を見て話ができない。こわいから。いい歳して、なにを言っているのかと思われるかもしれない。書いててちょっとすとんと落ちたので、書かせてほしいんだけど、わたしは両親のことが怖いんだ。嫌いでもない。でも苦手。むしろすきだけど、苦手なのだ。一人の人間として見られていない部分とか。支配下に置こうとする感じとか、思い通りに行かないと怒られるところとか、理不尽な要求を突きつけられることとか。話をきく前に怒ってくるところもダメだ。やろうとしていること、変えようとしていることを否定されるところも。実家にいるのがよくないんだろう。家を出ることすら認められないんだろう。もうダメだ、すとんと落ちるけど、その反面、考えると辛い。怖い。すぐおこるから。怒らないで話をきいてもらえないから。うまく感情表現できないのもこれに起因するんだろうか。腹が立つと、支離滅裂なのわかっててもおこる以外の方法を取れない。ちょっと考えたらわたしが悪い時だってあるのに。怒られたくないから自分がおこることで、回避してないか。自分が悪いということを認められない弱さをなんとかしたい。失敗しても怒らないでほしい。怒られると萎縮しちゃうから。おねがいだから話を聞いてよ

一生懸命伝えられるように話をするから。説明がへたくそなりに頑張るから。認めてくれなくていいけど、どうしてそう思ったのか、そうしたのかは聞いてよ。怒られるとうまく話せないんだよ。なんでって聞かれるのが苦手。なんでって言われて説明したらもっとおこるから。怒られるのが本当にダメ。ダメなのだ。萎縮してしまう。話を聞いてほしい。おこるのもわかるけど、そんなの甘えだとか言われるんだろうけど、わかってもらえないんだろうか。こう、のどが締め付けられる感じ。ごめんなさいと言えと脅されている感じ。子供だからと、親の言うことを聞きなさいとそだてられたから、自分で考えてるつもりで、つもりになっている。選んで決めてもダメだしされる。わたしはこうしたいと思ったことを否定される。

早く親から離れたほうがいいんだろう。そうなんだろう。そうしたい。でもそれも許さないんだろう。自分が管理できないのが気に食わないと言うことを、認めてくれ。

わたしのことなどほっておいてくれ。頼むから。おねがいだから、もっと無関心になってよ。おねがいなので。おねがいです。たのむから。放っておいて。

人と喋るのがすき。誰かと関わるのがすき。だけど、一人で考える時間もないとわたしは爆発してしまう。インプットし続けていると、アウトプットできない自分の感情がわからなくなって、息ができなくなってしまう。自分のことを自分でもよくわかっていないから、こうやって吐き出して、整理して、もう一回背負い直さないと、自分のことなのにわからなくなってしまうんだ。

だから自分語りをするためにもブログ大事な気がする。投稿したのを見返すと、ほら、自分だけど、自分じゃないと思いながら見ることができる。自分で自分に同情して、安心感を得ているのかも。それでも精神安定には役立っているのでよしとする。

 

やらなきゃいけないこととか、そう言う言い方をしちゃうと息が詰まる。やりたいことだけやって生きていけるのなら、こんなに困っていない。

どうしたいのかどうなりたいのか、順位付けをしないとダメだろうか。

縁側のある家で畳に転がりながら、次に書く文章のことに思いを馳せるような生き方がしたい。ノルウェーにも行きたい。舞浜にも。行きたいこととやりたいこととたくさんあるけど、そう言うことに対しても全部含めて、人間社会が向いていないし、生きることも向いていない。それでも、わたしのことをすきになってくれる人もいるって言うのは、救いがあるな。声をかけてくれて、あそんでくれて。

一方通行な好意も持て余さなくなってきたし、すきなものはすきと主張をして行かないことにはたぶんダメになってしまう。ダメにしない努力をしたい。そうじゃないと忘れられてしまいそうだから。でもそれはわたしのものにはならない。知ってた。

なにが言いたいのかもわからないし、別に誰に向けた文章でもないけど、これを読み返して少し落ち着くんだろう。自分の書いた文を見て落ち着くって言うのも、どんなマゾなんだよとも思わなくもないんだけど、自分のことがよくわからないわたしは、他の人のことはもっとよくわからないんだろう。すきなものとか人とか近づいたら傷つけてるんだろうか。ひどいことをしているのかも。それでもわたしはひとがすきだし、嫌いになれない。両親のことも。

 

自分がどう言う人間なのかを総括するとしち面倒臭いと言うことはよくわかるし、すぐ何かにのめり込むし、それが悪いことではないんだろうけど、それでも生きているなってことがわかる。たぶんちょっと疲れただけだ。だからよわってるから、こんな文章を書いているんだろう。

少しだけのつもりでそろそろ6000字に到達しようとしている。末恐ろしい。自分語りすきすぎるだろ。総じてそんなものなのかもしれないが。みんな自分の話がしたいもんね。わたしは少しの間はほっておいてほしいよ。率先して読んでほしい文章ではない。これは自分のためのものだ。誰のためのものでもなく。これを書くのにかかった時間も、わたしのものだ。何かを購入したりするよりもよっぽど有意義で、自分のためになる時間だ。こう言う時間がわたしには足りない。頭の中で何かを考える時間が足りない。インプットばかりしている弊害がここに。ツイッターとか、おもしろコンテンツは世に吐いて捨てるほど存在しているから、やめ時を見失う。見失っているなー。

SNS楽しいし、人間がやっているなっておもうからたのしいけど、やっぱり疲れてるな、ともおもう。あと、140字は圧倒的に足りない。心の叫びをただただ垂れ流している感じがする。悪いとは言わないけど、思考整理には向いていないって話。だからやっぱり文字がたくさん書けるブログはありがたい。だからってツイッターやめるつもりはないけど、ROM専でもいいような気がしてきた。あと、情報が多いんだよな。インプット。情報の多さ。それに対するアウトプット量の少なさ。摂取し続けて、自分の中で淀んでいる感じがする。吐き出して、濾過をする作業も大事なんだろうな。今みたいに。今みたいにか。人に言えないことが多すぎる。言えないって言うか、聞かせるに値しないって言うか。でも吐き出して行かないと、自分でもわからない。それもそれで厄介な話。いま、こうやって書き出していることでスッキリしている自分もいるけど、これを見たことによってモヤモヤする人もいるんだろう。妹ちゃんとか。自業自得って思われてそう。その通りだよ。でもそうじゃない部分もあるでしょう。わたしのせいだって、全否定されるのも違うし、でも環境のせいだって責任転嫁するのも違うとおもう。違うけど、わたしの人生をわたしが自分で選ぶことはそんなに悪いことなんだろうか。

 

また堂々巡りしている気がする。投稿したら読み返すけど、誤字脱字もすごい。いきおいだけで書いているのがよくわかる。ちゃんとしたタップタイピングができるようになっていればな、ともおもうけど、もうそれは手遅れ。矯正するのも今更感あるけど、そこんとこどうなんだろうか。去年少し練習はしたものの、右手が動きすぎだもんな。そんなことはどうでも良いのかもしれないけれども。

 

今の自分を整理すると、とりあえず寝不足で弱っている。気持ちが疲れている。親とのやりとりがストレス。片付けが進まないのもストレス。

こんなところだろうか。

 

さっぱりしたい。重荷を手放したい。ものも関係も。持ち物は少なくていい。

すきなものはすきでいたいけど、嫌いなものは少ないほうがいい。

人に左右されたくない。わたしはわたし、とおもうために、もっと自分のことを知っていきたい。なにもなくて、空っぽだけど、文字を書いて生きていきたい。自分の書いた物語が本になるところを見てみたい。

 

まとまらないけど、たくさんかいてスッキリした。ちょっとだけ整理できた気がする。ちょっとだけね。

 

BGMはいろんな曲聞き流してたけど、ひっかかった曲を何曲か。

時間坂

時間坂

華一匁

華一匁

  • A9
  • ロック
  • ¥204

 

セイボリーくんについて語るだけ。

ポケモン剣盾、ついにエキスパンジョンパスの追加コンテンツが出ましたね!

やっふー!正直、バトルタワーの個体値差で戦うのは私には向いていないので、ストーリーも終わってしまった今、ポケモンはなかなかやることがないゲームになっていたので、やっときたか!という気持ちです。

 

話題になったね追加キャラ

の、セイボリーくんについて語履帯だけなので、ネタバレも多分に含んだ記事になっています。気をつけてね。自衛してね。

 

 

簡単にポケモン剣盾のおさらい

舞台は、イギリスをひっくり返した形に似ているガラル地方。主人公は各地のジムリーダーと戦いながらチャンピオンの座を勝ち取る旅に出ます。幼なじみのホップや、ホップくんのお兄さんで現チャンピオンのダンテ、みんな大好きドラゴン使いのキバナさん、マリィちゃんにビートくんと、個性的なキャラクターとてんやわんやしながら、最終的には主人公がダンテさんを倒してチャンピオンになります。

そのあとも一悶着あるのですが、兎にも角にも、チャンピオンとして一躍有名人になった主人公が次に向かったのがヨロイ島でした。

 

ソード・シールドでキャラクターが異なる

ソードだと、クララという名前の女性で、シールドだとセイボリーという名の男性です。

私はシールドなので、セイボリーさんと一緒にストーリーが進んでいく感じなのです。

TwitterのTLを見ていると、なんかクララの方がたくさん回ってくる気がするのですが、これは剣盾人口比の問題なのかしら。

ちなみに、私が盾を選んだのは、ゆめかわポニータを使いたかったからです。かわいい。

旅パのポニータの名前は「わたあめ」です。かわいい。色が原宿で売っているわたあめのいろそのものなので、見てみて欲しい。ゆめかわポニータで検索じゃ。

 

出だししょっぱなからアクが強い。

駅到着直後に現れるセイボリーさん。

まず見た目が強烈過ぎるからね、話はそこからなんですけれども。

f:id:iris4blume:20200621005459j:image
f:id:iris4blume:20200621005433j:image

言葉遣いも強烈だった。

 

ちなみに、エキスパンジョンパスの発売が決定してから、ガラルヤドンの配布されてるんですけど、その時に、主人公はセイボリーさんと会ってます。セイボリーさんに全然覚えてもらってない主人公ちゃん。まぁ、それもそうか。

 

ちなみに、セイボリーさんが本当にエスコートしなきゃならんかったのは、主人公の後ろの青年です。勘違いから始まるストーリー……。

 

そもそも、ガラル地方では主人公ちゃんは、チャンピオンになった人としてめちゃくちゃ有名人なんですが、セイボリーさんや、オカミさんは知らないご様子。テレビ見ないのかな……。

 

 

 

f:id:iris4blume:20200621010407j:image

現実を受け入れてください。

 

f:id:iris4blume:20200621010037j:image

勝たないと話が進まないのでサクサク行きましたが、笑わせにきてるのか君は。


f:id:iris4blume:20200621010033j:image

オカミさんからもへんなの扱いされてる。

ちなみにおかみさんのこのセリフ、本人はそれどころではないので全然聞いていない。

 

 

主人公ちゃんの邪魔ばかりしているセイボリーさんですが、いろいろあって、最後のバトルではちょっと生い立ちがわかるセリフが語られます。

f:id:iris4blume:20200621134857j:image
f:id:iris4blume:20200621134854j:image
f:id:iris4blume:20200621134904j:image
f:id:iris4blume:20200621134907j:image

 

より詳しい生い立ちについては、リーグカード(あってるっけ?)の裏面で読めます。努力の人は応援したくなっちゃう……。好きになりがちなタイプですね。

個人的には、ちゃんと謝れるいい人!」の印象で、セイボリーさんとのやり取りは終わります。ポケモンは基本根がいい人が多いよな。

 


f:id:iris4blume:20200621134901j:image

笑うとかわいい。
f:id:iris4blume:20200621134911j:image

バトルに負けてもプライドが高いところは健在。

 

ゲームの中で関わるのは本当に一瞬

もっと引っ張ってくれるかとおもったのですが、さすがに追加コンテンツなところもあって、セイボリーさんとの一悶着は、本編ストーリーをクリアした人間的には本当に一瞬で終わりました。まじか。もっと遊びたかったぜ。

 

その一瞬の出番の間に、いろんな人に印象を与えるための強烈な個性付けだったのかもしれないなぁ、というメタ発言をしておきます。

 

クララと比べて、設定が重たい、というのはTLで見た程度の情報なので、比較検討するつもりは毛頭ありませんが、この一瞬の出番に対して、たしかに背負わされているものが重たいとは思いました。

このあとまた出番があることを期待したい。

クララもセイボリーも本編ストーリーでは出てこないタイプを押してくるので、後編追加コンテンツで、また絡んできてもらえたら嬉しいと思っています。

 

本編にもそこそこやばいキャラもいるけどね

ということは付け加えておく必要があるはず。ローズさんとか、あと剣盾兄弟とかね。あの髪型どうなってんねん。

気になった人は調べて欲しい。髪型がキャラクターだからできる特有の感じなので。

 

追加コンテンツだということは重々承知ではあるのだが、既存キャラクターと絡むことで、コンテンツとして、もっと広がりそうな気がするので、ぜひ活躍してもらいたいところ。

あと、ストーリーおわったあとも、既存キャラと絡みたいので、そこもおねがいします任天堂様……。

ストーリーが終わると飽きてしまいがち

という問題。

バトルタワーで上に登るには、個体値や、もちもの、技をめちゃくちゃ考える必要がある。

ただ、普通にポケモンが好き!ていどだと、この個体値とかの選別でしんどくなってしまう印象。少なくとも私はそうだった。

なので、ストーリーが全部終わると、図鑑集めとカレー図鑑埋めるくらいしか、たのしめる方法がなく、個人的に、離れてしまっていた。

こんかい、追加コンテンツが発表されてもどってきたけれども、これもまた、終わった後を考えると、はなれてしまいそうな気配。

今回は、ディグダ集めも必要なので、もうちょっと長く楽しめそうな気もするが、長く遊べるコンテンツであって欲しいと願うばかりです。

 

 

兎にも角にも、今は楽しむ

セイボリーさん編、とりあえずはおわってしまったけれど、ヨロイ島でやることはまだまだありそうなので、勧めていこうと思います。

ゲームが楽しいと思うのはいつぶりだろうな。かれこれ半年ほど楽しい状態。

しばらく楽しみます。

 

 

 

 

 

オタク向けのオタクによるメイクの話②

この本の通りに進めていく

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

  • 作者:長井 かおり
  • 発売日: 2016/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

ので、とりあえず本を読んでくれ。

まぁ本はこれじゃなくてもいいんだけど、化粧水の入れ込み方から説明しているやつがいいと思います。メイク初心者的には。

方法は割愛するから、本の通りにしろ。2、3週間でまぁまぁそこそこ改善する。

 

化粧水その1

 

トップバッターはスプレータイプの化粧水。

安くて大量消費できて、さっぱりしてるやつといえばもう一択。

 

 

ナチュリエ スキンコンディショナー 500ml

ナチュリエ スキンコンディショナー 500ml

  • 発売日: 2003/04/14
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

お値段はアクキー 1個分。

メーカーは問わん。

ハトムギ化粧水を使うのです。

 

そして百均でスプレーボトルを買って詰め替えるのです。

 

ポイント

  1. とりあえず安い。安いので大量消費の罪悪感が減る。
  2. 量が多い。たくさん使うので量は多いほうがいい。
  3. さっぱりしてる。スプレーで使ったときに詰まらない。

 

ということです。正直ここは百均の化粧水でもいいと思ってるんだが、量と考慮したときにハトムギ化粧水のほうがお得感があるのでこちらをお勧めします。

百均の化粧水は、入浴剤がわりにボトル半分湯船に投入すると、次の日しっとりするから試してみてね()

 

あと、スプレーボトルは実は百均よりも無印で買った方が長持ちはする。ただし100円ではない。長期的に見たら、無印のほうがお得…かも…知れない…(程度のレベル)。

 

 

 

化粧水その2

入れ込む方。

 

肌ラボ 極潤 ヒアルロン酸 化粧水 ヒアルロン酸3種配合 170ml

肌ラボ 極潤 ヒアルロン酸 化粧水 ヒアルロン酸3種配合 170ml

  • 発売日: 2017/08/28
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

お値段アクキー 1個分。

 

言わずと知れた有名商品。

安くて良い。以上だ。

 

シリーズとして白潤というのがあるので、そこはお好みでいいと思う。

 

 

わたしはこっち使ってる。

あわよくばそばかすも薄くなりますように…。

 

 

美容液

 

普通に考えてお高いライン。

 

 

サンプルでもらって使ったこれが最高によかったから余裕ある人はどうぞ。

ただし、アクキー 10個は軽く買える。

わたしは恐れ多くて買えない。

 

なーのーでー。

 

 

これ使ってまーす。

韓国コスメ、ちょっと前に流行ったメディヒールくん。

これも美容液だからね。

お値段大体1200円ほど。優秀すぎる。

アクキー 換算ほぼ2個といったところ。

クリニークくんの1/5以下!

これ、クリニークくんが悪いわけじゃなくて、単純にお財布事情の話だから、クリニークくんに関わらず、お高くて良くて自分に合う美容液が買えるならぜひそっちを買ってね。

 

あと、新大久保で探すとちょい安く買えるかも知れない。行ったら探してみて欲しい。

 

乳液

 

アクキー 1個分。

 

この辺りはもうシリーズでいいと思う。化粧水とセットで選ぶと考える手間が減る。

 

 

UV乳液

 

これ!!!!これが高い!!!!!

 

これ、UV乳液という括りで探すと安いのはなかなか見つからない。

(ここでいう安いは1000円前後の話)

ので、普通に美容成分入り、保湿機能有りの日焼け止め使ってる。

なので、わたしは普通の乳液を使って、それから日焼け止め使ってる。

 

 

 

これが好きなんだけど、売ってなくて買えなかったから今は

 

 

こっち使ってます。

悪いわけじゃないんだけど、商品名に「美容液」って入ってるからそこを過信している()

お値段はアクキー 1個分。

 

 

リップクリーム

 

【第3類医薬品】モアリップN 8g

【第3類医薬品】モアリップN 8g

  • 発売日: 2000/08/25
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 



どんな荒れた唇も蘇るモアリップ。

定価はアクキー 1.5個といったところだけど、何故か弊社のそばの薬局だと800円くらいで買える。何故だ。

色もついてないのにそんなに値段するの????と思った人は薬用メンソレータムを惜しみなくぬってください。

 

 

 

 

リップクリームは惜しみなくぬらないと唇は荒れる(少なくともわたしは)

 

 

スキンケア編はこんな感じです。

全部近所の薬局で買えるよ。

少なくともわたしは買えたよ()

 

1つずつはそんなに高くないけどこれまとめて買おうと思うとやっぱり結構いいお値段になってしまうんだよなぁ。

 

そんなこんななスキンケア編でした。

 

推しを推して推していく②

推しの曲をサブスクでry

パートツー。

 

 

plastic tree(永久不滅の枯れない樹)

 

サイレントノイズ

サイレントノイズ

インサイドアウト

インサイドアウト

 

最近の中で有名な曲たち。残念なことにサブスクで聞けない。

 

 

インク

インク

 

てふてふ

てふてふ

 

10年近く前の曲ですがこの辺り、サブスクで聴けます。

正確には7年か8年だと思うんだけど、このころはキチガイのように追っかけしてました。

今はCD出たら買うけどライブはあんまり行けてない。

 

とりあえずプラツリくんはサブスク導入してくれ。いい曲多いでしょ????ねぇ????多いよね????

 

kaya(ハロウィーンのお姫さま)

SALOME

SALOME

 

kaya様はいいぞ…ライブだとさらにいいぞ…

 

Danse Macabre

Danse Macabre

 

またテイスト違うけど歌唱力の暴力だから。

 

kaya様はいい。聴けばわかる。しのごの言わずに聴け()

 

PLASTICZOOMS(プラトゥリとは全くの別物)

 

Frontal Attack

Frontal Attack

SHOOTING STAR

SHOOTING STAR

  • PLASTICZOOMS
  • J-Pop
  • ¥255

SCENT

SCENT

  • PLASTICZOOMS
  • J-Pop
  • ¥255

 

刺さる人には直撃すると思うんだよなぁ。

聞いてください。

 

どこぞの推しバンドと名前がめちゃ似てるから系統も同じかと思ってました。全然違いました。

 

 

アリス九號.(名前復活おめでとう)

ヴェルヴェット

ヴェルヴェット

  • Alice Nine
  • J-Pop
  • ¥255

ヴェルヴェット

ヴェルヴェット

  • A9
  • ロック
  • ¥204

 

 

新旧。どっちも好きだけど、聴きなれてる旧の方ばかり聴いてしまう。

 

ブループラネット

ブループラネット

  • Alice Nine
  • J-Pop
  • ¥255

TSUBASA.

TSUBASA.

  • Alice Nine
  • J-Pop
  • ¥255

百花繚乱

百花繚乱

  • Alice Nine
  • ロック
  • ¥255

 

この辺りは比較的古めの曲。

 

開戦前夜

開戦前夜

  • Alice Nine
  • ロック
  • ¥255

MEMENTO

MEMENTO

  • A9
  • ロック
  • ¥204

 

比較的最近(当社比)

 

わたしは将くんの歌は好きです。

顔だけとかいうのほんとやめてくれよ。ちゃんと曲聞いてくれよ。

顔だけファンは地雷なんで曲は聞いてくれ…。

 

 

bgm

Healing

Healing

https://music.apple.com/jp/album/healing-japanese-ver/1504618485?i=1504618500

 

 

 

 

 

推しを推して推していく。

みんなサブスクで推しの曲聴こうぜ!!!!

 

というだけの話。

おはようございます😃

あやかさんです。

 

 

サブスクで曲を聴くとアーティストにも微細ながらも収入が入ると聞いた。

少しでも推しの収入源にしてほしい。

 

 

 

そんなわけで。

早速いくぜ。

 

SEVENTEEN(ちりんちりーん)

 

HIT

HIT

hit sound!

歌詞わかんなくてもテンションだけで楽しめる曲。

応援動画も良いですよ。

 

 

日本のための新曲だ!!!!

出だしが推しです!!!!

出だしが! 推し!!! 徐明浩!!!!

みんな覚えて!!!!()

日本語上手になったね!!!

 

 

CALL CALL CALL!

CALL CALL CALL!

 

日本デビューのための曲。

ちりんちりーん!

mvもみて。チャイニーズマフィアが出てきたらわたしの推し。最高だから。

 

Happy Ending

Happy Ending

 

日本語。

サビの「愛してる」はウジくん(メンバーかつ作詞作曲する音楽プロデューサー)が自分で選んだ言葉だよ、最高かよ。

 

 

 

A.C.E(あんだーかーばっ)

Under Cover

Under Cover

英語多めでカッコ良い。

 

パートスイッチ動画も見てくれ。

https://youtu.be/uE1W4N0GWQw

可愛いの権化だから。

最年長と最年少が仲良しで、大爆笑してるのがリーダーだよ。

 

歌詞が分からなくてもいい、曲全部かっこいいから聴こうぜ。

 

ateez(ハクナマタタ)

 

Wave

Wave

ハクナマタタ。

それ以上の説明はいらん。

夏の歌!

オタクキラー サンくん最高!

 

Utopia (Japanese Version)

Utopia (Japanese Version)

Answer (Japanese Ver.)

Answer (Japanese Ver.)

 

日本語めちゃ上手アイドルあちずくん。

生で見たとき、通訳なしで日本語で会話してた…なんだそれ…なんだそれ…。

発音も聞きやすいから、是非聴いて。

 

 

 

時間足りなかったから、とりあえずここまで!!!

 

 

bgm

 

 

Twitterとブログと。

ブログ文化で生きてた人間なので、ブログしょっぱな挨拶したくなりがち、あやかさんです。

今の若い子()は自分のブログとか持ってないんだろうなー。TwitterInstagramかなんだろうなー。

なんだかんだ言ってブログから離れられないと言いつつ、更新頻度は死ぬほど低い、そんな感じで生きてます。

 

わたしは小学生のキーボード打てない頃からチャットに参加し(甚だ迷惑)中学の部活で流行ったブログにのっかり、毎朝記事を書くために早起きしてたようなアホなので、まぁ、つまりそういうことですねって言う感じではあるのですが。

パソコンに触らず大学生とか社会人になる感覚っていうのがわたしにはまったくもってわからないのですが、それって多分恵まれてたんだろうなぁと思う今日この頃。

我が家は一応みんなPC触れるもんね。

 

Twitter向いてないのでは?

と思ったのでブログ書きにきたんですけど。

多分大正解で、Twitterやめる気ないけども、多分あんまり触れてると精神衛生に悪そうな気がしてならないんだよなぁ。

なんでかって、もともとこうやってなかなか文字数使って自分のことを述べてきた人間が140字で何かをうまく伝えるのはなかなか難しいし

、そしてなにより、自分の呟きを投稿すると同時に人の呟きも目に入ってしまうのが、わたし的には精神衛生に悪かったりする。

心が狭いので()落ち込んでる時とか、楽しそうな人を見るのもしんどかったりすることがある。対面なら良くても、ネットを介すとなかなかしんどい時がある。そんな時Twitterだと良くも悪くも、全部入ってきちゃう。そういうSNSだから仕方ない。つまりわたしがTwitterに向いてないだけである。

コミュニケーションとしてのSNSは大事な役割だとは思うけど(友達いないから)まぁそれでも、何かものを言うなら多分Twitterじゃなくて一方的に自分の意見だけを述べられるブログの方が肌にはあってるんだろうな〜、と思った次第。

 

でも正直Twitterは好きである

好きなのに精神衛生に悪いから問題である。

ネタの宝庫だし。推しの活動はTwitter見ないとわからないし。

なので、Twitterとも、自分ともうまく付き合っていくしかないんだろな。

 

そう思う今日この頃。でした。

 

 

 

そういやあつもり買いました。

今日から人の島にも遊びに行けるらしい! 楽しみ!

朝やってる時間なかった!

あつもりのために早起きする生活したい。

 

 

 

BGMはあちずくんでした。

みんなATEEZ聴こうぜ。

Answer (Japanese Ver.)

Answer (Japanese Ver.)

 

それでは。

 

オタク向けのオタクによるメイクの話、序章。

推しは突然やってくる

というのはわたしの経験談です。

ライブといえばヴィジュアル系、顔を白く塗り、目の周りを黒く縁どり、赤いリップを引いておけばほぼ完成していたあの頃。今はキラキラしたアイドルもいれば、舞台俳優もいたりする。そんな中に、真っ黒メイクで行ったらまぁ、場違いだし浮きまくるだろうし、TPOの問題になっちまう。

「(推し)のファンにやばい奴がいる」と、言われたら間接的に推しの評判が下がる。

 

それだけは、それだけなんとしても避けねばならぬ。

 

でも化粧とか今までほとんど自己満足でしかやってきてない

 

ので、舞台見に行くとかに向いてるメイクがわからん。コスプレメイクならめちゃくちゃ調べたし調べる気にもなるけど、普段のメイクのベースからして何したらいいかわからんねん。

 

で色々立ち読みしたりなんだりしたりして、よかったなーと思って買った本がこれ

 

 

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

  • 作者:長井 かおり
  • 発売日: 2016/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

とりあえずメイクがわからん人はこれ買って実践したらいいと思う。

 

あのね、わたしは何が分からなかったかって、化粧水の付け方から分からなかった女なのですよ。まぁバチャバチャつけときゃいいやろ的な。

 

まぁしかし化粧品って高いんだよな。

 

可愛くて好みのものほど高いのはなにものにも共通なのか。だいたい服と靴は、気に入ったのは高すぎて買えない。高すぎる。高い。

 

さっきの本に載ってる化粧品も良さそげだし、可愛いんだけど、いかんせん高い。

オタクなので、アクリルキーホルダー、略してアクキー 何個分か換算すると7個とか買えちゃう金額のパレットとかある。高い。アクキー 7個は高い。だったらアクキーの方がほしい。(生粋のオタク)

 

そんなわけで、この本で言及されてる過程を踏むために必要なものを、できるだけ安く抑えるには、キャンメイクセザンヌちふれのご協力が絶対的に必要なのである。

 

アクリルキーホルダーを1つ700円と仮定して、おおよそアクキー 何個で買えるかをまとめていきたい。主に自分のために。

主に自分のために。(ここ大事)

 

ちなみに、化粧品についてはアクキー 2個を超えてきたら高いもの、という認識でいます。

 

アクキーは余裕で何個も買うのにね!!!!!()

 

 

ちなみにこれは普段の擬態メイクがの話。

推しの色が使いやすい、かつ自分に似合う人は積極的に取り入れたらいいと思う。

でも、青とかピンクとか、人によっては似合わない色が推しカラーだと、なかなか取り入れづらかったりするし、紹介した本は無難な綺麗系メイクするための本だということを念頭に置いてほしい。コスプレメイクは別物だと思ってるから。コスプレしたいなぁ()

あとは、毎日全力のオタクメイクするわけにもいかないので。

 

そんなわけで自分のためのまとめをしていきます。

 

 

bgm

Riverdance

Riverdance

公演中止してるんだろうな〜

死ぬまでになんとしてももう一回見たい。